産経WEST

【彦根警察官殺害】19歳巡査、逮捕時に50万円所持 逃走の際には交番を施錠、発覚遅らせるためか 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【彦根警察官殺害】
19歳巡査、逮捕時に50万円所持 逃走の際には交番を施錠、発覚遅らせるためか 

ガラス業者が運び出した河瀬駅前交番(奧)のガラス=12日午後、滋賀県彦根市(寺口純平撮影) ガラス業者が運び出した河瀬駅前交番(奧)のガラス=12日午後、滋賀県彦根市(寺口純平撮影)

 一方、巡査は逃走してからも制服姿のままで、捜査員に発見されても抵抗するそぶりを見せなかった。犯行に使った拳銃も3発の銃弾を装填(そうてん)したまま、近くの田んぼに手錠などとともに放置していた。

 身柄確保の際には、「罵倒されたので拳銃で撃った」と話したというが、県警の武田一志(ひとし)警務部長は12日の記者会見で「(2人の間のトラブルは)現時点で把握していない」と説明。詳しい犯行の経緯については今後、捜査するとした。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング