産経WEST

【彦根警察官殺害】19歳巡査、逮捕時に50万円所持 逃走の際には交番を施錠、発覚遅らせるためか 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【彦根警察官殺害】
19歳巡査、逮捕時に50万円所持 逃走の際には交番を施錠、発覚遅らせるためか 

ガラス業者が運び出した河瀬駅前交番(奧)のガラス=12日午後、滋賀県彦根市(寺口純平撮影) ガラス業者が運び出した河瀬駅前交番(奧)のガラス=12日午後、滋賀県彦根市(寺口純平撮影)

 滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で男性巡査(19)=殺人容疑で逮捕=が貸与された拳銃で上司の井本光(あきら)巡査部長(41)を射殺した事件で、巡査が逮捕時に現金約50万円を所持していたことが12日、滋賀県警への取材で分かった。逃走する際には、交番を完全に施錠していたことも判明。県警は巡査が事件の発覚を遅らせ、逃走を図った疑いがあるとみて詳しい経緯を調べている。

パトカーで逃走か

 捜査関係者によると、巡査は「(井本巡査部長は)いすに座ったまま前に倒れ、ぴくりともしなかったので死んだと思った」と供述。11日の犯行後、交番の扉や窓を施錠した上で、パトカーで逃走したとみられる。

 巡査は12日午前1時35分ごろ、交番から南に約4キロ離れた同県愛荘(あいしょう)町内の線路上で身柄を確保され、逮捕されたが、この際に現金約50万円が入った財布や携帯電話を所持。事件後にコンビニエンスストアに立ち寄ったとの情報もあり、県警は逃走資金を用意した疑いもあるとみて足取りを調べている。

 県警によると、巡査と井本巡査部長は3月26日から同交番で一緒に働き始めたばかりで、井本巡査部長は巡査の「教育係」を務めていた。

 事件があった11日は午前8時半から2人で勤務。同交番に設置された防犯カメラの映像には、同日午後7時47分ごろ、机に向かって事務作業中の井本巡査部長が突然前方に倒れ、直後に巡査が正面のドアから出ていく様子が写っていた。司法解剖の結果、井本巡査部長の主な死因は頭部を撃たれたことによる脳幹部損傷で、ほぼ即死状態だった。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング