産経WEST

【ビジネスの裏側】和食イメージの京都、牛肉の街でもあった 有名店続々と

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
和食イメージの京都、牛肉の街でもあった 有名店続々と

京都市内の外食店で行われた、「京都牛」と鹿児島県産の牛肉の食べ比べイベントのメニュー 京都市内の外食店で行われた、「京都牛」と鹿児島県産の牛肉の食べ比べイベントのメニュー

 江戸時代に「着倒れ」の街と称された千年の都・京都。明治維新から150年たった現在の京都が実は、「食い倒れ」の街として進化を遂げている。国内主要都市で全国一の消費支出額を誇る牛肉を筆頭に、パンやコーヒー、スイーツ-とこの春も新たな出店や取り組みが相次ぐ。食い倒れの街の元祖・大阪に勝るとも劣らない現在の京都。食を通じて観光客の関心をさらに引き付けることになりそうだ。(西川博明)

「京都牛」ブランド化

 「あまり消費者には知られていないが、神戸牛などの有名な牛肉よりも肉質が素晴らしいと評価された」

 京都府の山田啓二知事は3月13日、京都市内の外食店で開いた府産牛肉の試食会で「京都牛」をアピールした。京都牛は他府県産の牛肉と比べ、口どけが良くあっさりした脂肪分を持つ味わいが特徴だ。

 山田知事がこれだけ力を入れるのは理由がある。昨年9月、仙台市で開かれた5年に1度の全国和牛コンテストで、京都牛が肉質を争う部門の2位を受賞。新たなブランド肉として「京都牛」を売り込むチャンスが到来したのだ。

 京都府は早速手を打つ。3月21日から4月15日までの期間限定で、同部門1位の鹿児島県と共同で、両府県産の牛肉を一緒に味わえるイベント「肉の饗宴(きょうえん)フェア」を開催。京都、鹿児島、東京、大阪4都府県にある14店が特別メニューを出し、消費者に魅力を知ってもらう狙いだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 和食イメージの京都、牛肉の街でもあった 有名店続々と

「産経WEST」のランキング