PR

産経WEST 産経WEST

白タク業者に名義貸し 元会社代表を再逮捕 京都府警

Messenger

 ハイヤーの事業認可を得た車を、中国人観光客に無許可でタクシー営業する「白タク」業者に貸したとして、京都府警は12日、道路運送法違反の疑いで、中国の配車アプリを運営する中国企業の関連会社元代表、包勇(ほう・ゆう)容疑者(34)=別の同法違反容疑で逮捕=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年12月、中国籍の男性会社員(31)が購入した自家用ワゴン車を同社名義の事業用車両として登録し、男性に貸したとしている。府警によると、男性は関西空港と大阪市内の間で白タク行為をしていたという。

 包容疑者は先月、白タクの業者に会社の車を貸したとして、府警に同法違反容疑で逮捕されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ