PR

産経WEST 産経WEST

大阪市の教員初任給、全国最高水準へ 市長表明「責任に見合った給与に」

Messenger

 大阪市の吉村洋文市長は12日の定例会見で、平成31年度から市立小中学校の教員の初任給を、全国の政令指定都市の中で最も高い26万1668円に引き上げる方針を表明した。団塊の世代の退職に伴い優秀な人材を多く確保し、教育水準を向上させるのが狙い。

 対象は大学卒業者の教員の初任給。市教委によると31年度は前年度より約2万9千円増額させる予定で、現在政令市で最も高い千葉市の24万8768円を上回ることになるという。今後新たに約1億5千万円の財源が必要となる見込み。

 30年度の大阪市の教員の初任給は政令指定都市の中で11番目。近畿では神戸市や京都市より低く、引き上げが検討されていた。

 吉村市長は「新任の先生でも責任に見合った給与が支払われるべきだ。教員が高いモチベーションをもって働ける取り組みを進めたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ