PR

産経WEST 産経WEST

兵庫・男性遺棄 神戸の男性、不明直後に殺害か 死因は首の刃物傷と判明 

Messenger

 兵庫県赤穂市の山中で自営業の岸健治さん(33)=神戸市西区=の遺体が見つかった事件で、兵庫県警は12日、司法解剖の結果、岸さんは首を刃物で切られたことによる失血死で、1月下旬に死亡したとみられると明らかにした。県警は殺人事件と断定。死体遺棄容疑で逮捕した男2人が殺害についても事情を知っているとみて調べる。

 県警によると、11日の司法解剖で、刃物で首の静脈を切られて大量に出血したことが致命傷と判明。ほかにも傷が複数見つかった。岸さんは1月27日に自宅を出てから行方不明になっており、県警は不明直後に殺害されたとみて詳しい経緯を調べる。

 同容疑で逮捕された男2人は同市中央区生田町、飲食店経営、大上知晃(だいじょう・ともあき)(22)と、同区加納町、飲食店員、山崎登夢(とむ)(21)の両容疑者。県警は12日午前、両容疑者を送検した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ