産経WEST

【エンタメよもやま話】プリンセスの人物設定めぐり物議 米ディズニーに多様性や公平性を求める声の真実

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
プリンセスの人物設定めぐり物議 米ディズニーに多様性や公平性を求める声の真実

「米家族計画連盟(PPFA)」のペンシルベニア州の支部がディズニー・プリンセスに“多様性”を求めるツイートを行った騒動について報じる米紙ワシントン・ポスト(電子版3月28日付) 「米家族計画連盟(PPFA)」のペンシルベニア州の支部がディズニー・プリンセスに“多様性”を求めるツイートを行った騒動について報じる米紙ワシントン・ポスト(電子版3月28日付)

 さて、今週ご紹介する“エンターテインメント”は、久々となる、あの米の映画会社のお話でございます。

 2014年の3月1日付の本コラム「『ディズニーはデブに冷たい』ぽっちゃりお姫さま登場を訴えた米女子高生、世界3万人が賛同した“理由”

https://www.sankei.com/west/news/140301/wst1403010080-n1.html

でご紹介したように、最近は各国で進む人種や性の多様化などを背景に、人形や玩具などにも、そうした多様性を求める動きがどんどん高まっています。

▼【関連ニュース】「『ディズニーはデブに冷たい』ぽっちゃりお姫さま登場を訴えた米女子高生、世界3万人が賛同した“理由”

 そんな動きを受けて、米ディズニーでもアニメ映画では「アラジン」(1992年)や「ムーラン」(98年)のように、非白人の女性が大活躍する作品や、日本でも爆発ヒットした「アナと雪の女王」(2013年)のように、従来のディズニー・プリンセスの恋愛観を激変させるような作品が急増しています。

 というわけで、世界的な潮流に乗り遅れまいと努力を続けている米ディズニーなのですが、ここに来て、欧米では、またまた“多様性を反映していない”とやり玉に挙げられる事例が物議を醸(かも)しているのです。

 というわけで、今回の本コラムでは、そんな米ディズニーに関する話題についてご説明いたします。

■おデブの次は…「中絶したプリンセス」「ビザ無しプリンセス」「組合労働者プリンセス」

 3月27日付の米紙USAトゥディや翌28日付のワシントン・ポストや英BBC放送(いずれも電子版)などが報じているのですが、米で妊娠中絶手術や避妊薬の処方、性病の治療などを行っている非営利団体「米家族計画連盟(PPFA)」のペンシルベニア州(米北東部)の支部がツイッターで3月27日、こんなつぶやきを投稿したのです。

 「われわれには、妊娠中絶したディズニー・プリンセスが必要です」

 「われわれには、中絶権利擁護派(プロ-チョイス)のディズニー・プリンセスが必要です」

 「われわれには、査証(ビザ)を持たない移民のディズニー・プリンセスが必要です」

「トランスジェンダーのプリンセスを!」「正当性ある!」大統領の息子も参加

このニュースの写真

  • プリンセスの人物設定めぐり物議 米ディズニーに多様性や公平性を求める声の真実
  • プリンセスの人物設定めぐり物議 米ディズニーに多様性や公平性を求める声の真実
  • プリンセスの人物設定めぐり物議 米ディズニーに多様性や公平性を求める声の真実

関連ニュース

「産経WEST」のランキング