産経WEST

交番で警官撃たれ死亡、逃走していた19歳同僚巡査の身柄を確保 滋賀県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


交番で警官撃たれ死亡、逃走していた19歳同僚巡査の身柄を確保 滋賀県警

河瀬駅前交番を調べる捜査員ら=11日午後11時28分、滋賀県彦根市 河瀬駅前交番を調べる捜査員ら=11日午後11時28分、滋賀県彦根市

 一方、県警によると、この約30分前の同日午後8時15分ごろ、同県愛荘町目加田で、県警のパトカーが田んぼに突っ込んでいるのを発見。同県警東近江署員が駆け付け、同交番のパトカーと確認。彦根署員が同交番に向かったところ、倒れている井本巡査部長を見つけた。

 県警は、行方不明になっていた巡査が井本巡査部長を撃った後、交番のパトカーで逃走した可能性があるとみて調べていた。

 県警によると、この日は午前8時半から、井本巡査部長と巡査の2人が勤務していた。巡査は平成29年4月に採用され、今年1月29日に彦根署に配属されていた。

 現場となった河瀬駅前交番はJR東海道線河瀬駅前の、商店や住宅、ビルなどが立ち並ぶ地域にある。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング