PR

産経WEST 産経WEST

「警官が血を流して倒れている」近隣住民ら一時、騒然 滋賀・彦根

警察官が銃撃されていた河瀬駅前交番=滋賀県彦根市
Messenger

 「警察官が血を流して倒れている」。11日夜、滋賀県警本部に衝撃的な一報がもたらされた。舞台は同県彦根市の河瀬駅前交番。病院に搬送された男性巡査部長(41)は頭部を銃撃されて死亡していた。容疑者として浮上したのは同僚の19歳巡査。拳銃を持ったまま逃走しているという情報が、さらに県警を震撼(しんかん)させた。巡査が乗っていたとみられるパトカーは現場から約4キロ離れた田んぼに突っ込んだ状態で見つかった。巡査の行方は。交番で何があったのか。前代未聞の事態に、混乱が広がった。

 県警本部では同午後10時過ぎから、幹部が記者に対応。「現在、警察総動員で捜査している。情報が入り次第、発表する」と繰り返した。別の県警幹部は取材に「あり得ない事態。人間関係に何かあったのだろうか。これから大変なことになる」と言葉を絞り出すのがやっとだった。

 事件が起きた交番の建物にはブルーシートがかけられ、内部の様子はうかがえない。鑑識活動を行う捜査員らが慌ただしく出入りし、規制線の外には多数の報道陣や近隣住民らが集まり、一帯は騒然とした。

 警察官が拳銃を使った事件は過去にも発生。警察官同士の事件で死者が出た事例もある。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ