PR

産経WEST 産経WEST

滋賀・彦根で警察官撃たれ死亡 19歳同僚巡査の逮捕状請求へ 拳銃所持したまま逃走か

現場検証が行われ、物々しい雰囲気に包まれた発砲事件のあった交番=11日午後11時45分、滋賀県彦根市(彦野公太朗撮影)
Messenger

 11日午後8時45分ごろ、滋賀県彦根市南川瀬町の河瀬駅前交番で「人が倒れている」と119番があった。県警や消防によると、同交番で勤務する井本光(あきら)巡査部長(41)が頭と背中から血を流して倒れているのが見つかった。拳銃で撃たれており、井本巡査部長は同市内の病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

 県警によると、この日に同交番で井本巡査部長と一緒に勤務していた同僚巡査の男(19)の行方が分かっていない。県警は巡査が拳銃で井本巡査部長を撃ったとみて、巡査に対する殺人容疑での逮捕状請求の手続きに入った。

 県警によると、巡査は拳銃を持ったまま行方不明になっている恐れがある。井本巡査部長の拳銃は交番にあり、弾もすべて残っていたという。

 一方、県警によると、この約30分前の同日午後8時15分ごろ、同県愛(あい)荘(しょう)町目加田で、県警のパトカーが田んぼに突っ込んでいるのを発見。同県警東近江署員が駆け付け、同交番のパトカーと確認。同交番に向かったところ、倒れている井本巡査部長を見つけたという。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ