PR

産経WEST 産経WEST

政活費の返還請求命じる 尼崎市議会巡り神戸地裁

Messenger

 兵庫県尼崎市議会の2会派が平成27年度、政務活動費を違法支出したとして、市民団体が尼崎市長に対し、計約600万円の返還請求を行うよう求めた訴訟で、神戸地裁の山口浩司裁判長は11日、政活費を使って作成した広報紙には顔写真や肩書がほとんどを占めるページがあり、議員の宣伝目的になっていると判断し、計約240万円の返還請求をするよう命じる判決を言い渡した。

 山口裁判長は判決理由で、2会派の広報紙5点には、いずれも政活費の使用が問題ない活動報告に当たる部分もあったが、顔写真などが掲載されたページの作成に政活費を支出するのは不当だと指摘した。

 尼崎市の稲村和美市長は「内容を精査し今後の対応を検討する」とのコメントを出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ