産経WEST

【島根地震】世界遺産・石見銀山に被害 遺跡内12カ所で石垣崩れる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【島根地震】
世界遺産・石見銀山に被害 遺跡内12カ所で石垣崩れる

石見銀山遺跡内の大安寺跡で崩れた石垣=11日午前、島根県大田 石見銀山遺跡内の大安寺跡で崩れた石垣=11日午前、島根県大田

 島根県西部で9日未明に発生した地震で震度5強を観測した同県大田市にある世界遺産・石見銀山遺跡内の12カ所で、石垣の一部が崩れるなどの被害が確認されたことが11日、分かった。二つの坑道跡には被害はなかったが、市は余震を警戒して15日まで公開を一時中止している。

 大田市が遺跡を調べたところ、大安寺跡で石垣の両端が崩れたり、佐毘売山神社のこま犬の台座が崩れたりしていた。ほかに古民家の瓦や石壁が剥がれた。

 石見銀山遺跡は16~20世紀に採掘から製錬まで行われた鉱山跡のほか、銀の生産に関わった人の居住地区や、鉱山から港までの山道などで構成。平成19年に世界遺産に登録された。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング