PR

産経WEST 産経WEST

不法滞在のベトナム人女性、強制退去処分取り消し 「手続きに重大な瑕疵」愛知地裁

Messenger

 不法滞在で強制退去処分を受けた愛知県岡崎市のベトナム国籍の女性(49)が処分の取り消しを国に求めた訴訟で、名古屋地裁(市原義孝裁判長)は11日、「手続きに重大な瑕疵があった」として女性の請求を認め、処分を取り消した。

 判決によると、女性は平成15年11月から不法滞在となり、28年4月に名古屋入国管理局が摘発。入管の担当者は、女性に帰国の意思があると誤解し、真意を十分に確かめず、在留特別許可を求める際などに必要な口頭審理の請求権を放棄させた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ