PR

産経WEST 産経WEST

【受刑者逃走】刑務官から叱責され落ち込んでいた-他の受刑者明かす 松山刑務所長は「動機不明」

説明する松山刑務所の吉田所長=11日午前、愛媛県東温市の松山刑務所
Messenger

 窃盗罪などで服役していた松山刑務所大井造船作業場(愛媛県今治市)から逃げたとして、逃走容疑で平尾龍磨容疑者(27)が指名手配された事件を受け、松山刑務所(東温市)の吉田博志所長は11日、記者会見し「近隣住民、関係者に多大な迷惑を掛けた」と謝罪した。

 吉田所長によると、平尾容疑者は昨年12月から刑務官の面接や心理専門家による心情聞き取りを計8回実施。特に変わった様子はなく「仮出所したい」と意欲を見せていたという。

 ただ、最近、仮釈放になった別の受刑者の座布団を持っていたり、一般作業者のヘルメットと作業着を着用したりし、刑務官から叱責を受けていた。

 これが逃走の動機につながった可能性については、吉田所長は「不明」としながらも、他の受刑者の聞き取りで平尾容疑者が落ち込んでいる様子だったという報告があったことを明らかにした。

 吉田所長は「本人の本当の内面を把握していなかった」と述べた。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ