産経WEST

【島根地震】石見銀山観光に打撃 ツアーキャンセル、公開中止…「島根で大きな地震起こるとは思ってなかった」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【島根地震】
石見銀山観光に打撃 ツアーキャンセル、公開中止…「島根で大きな地震起こるとは思ってなかった」

龍源寺間歩の前に設置された「閉鎖」を知らせる看板 龍源寺間歩の前に設置された「閉鎖」を知らせる看板

 島根県西部が最大震度5強の揺れに見舞われた地震で、震源に近い大田市の世界遺産「石見銀山遺跡」では、遺跡内に残る坑道の公開が中止されたり、ツアーがキャンセルされるなどの影響を受けている。公開再開のめどは立っていない。

 石見銀山遺跡は、鉱山跡や重要伝統的建造物群保存地区などを抱える県西部の主要な観光地。地震のあった9日、代官所跡などの建物や一般公開されている坑道「龍源寺間歩(まぶ)(まぶ)」などの被災状況を、市職員が早朝に目視で点検。異常は見つからなかったものの、坑道については、余震で新たに落盤などの被害が生じる恐れがあるとして、市は15日までの公開中止を決めた。再開時期は「今後の地震の発生状況をみて判断する」としている。

 観光客向けのガイドを手がける「石見銀山ガイドの会」によると、この日は早朝から「見学できるのか」などの問い合わせが十数件寄せられたほか、出雲大社(同県出雲市)を経由して石見銀山遺跡を見学するツアーにキャンセルが出た。同会事務員の中垣ひとみさん(59)は「島根で大きな地震が起るとは、考えていなかった。これ以上観光に影響が広がらないよう祈るしかない」と話した。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング