PR

産経WEST 産経WEST

幼児に2倍の日本脳炎ワクチン接種 大阪

Messenger

 大阪府島本町は10日、町が予防接種を委託している同府高槻市医師会の2つの医療機関が、町内の3歳の幼児1人に、日本脳炎のワクチンを規定の2倍量接種したと発表した。幼児に健康被害はない。医療機関の年齢確認不足が原因。

 町によると、幼児は2歳だった2月14日と3月13日にそれぞれ高槻市と島本町の医療機関を受診。規定では3歳未満の幼児への接種量は0・25ミリリットルだが、いずれも0・5ミリリットル接種した。3月22日に、医師会が町に提出した接種の予診票を町職員が確認して発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ