PR

産経WEST 産経WEST

【鬼筆のスポ魂】お金のかからない戦力補強、それは「声出し」 おとなしかったヤクルトを変えた

生還した山田(1)を迎える小川監督(中央)ら。ヤクルトが「声出し効果」で上り調子だ(荒木孝雄撮影)
Messenger

 「声出し」が全くお金がかからない効果的な“戦力補強”であることが改めて認識できた。戦前の予想を覆し、開幕ダッシュに成功したヤクルトの変貌ぶりのことだ。

 6~8日の巨人戦(神宮)で3連勝を飾るなど開幕からの9試合で6勝3敗。勝率・667で、リーグ3連覇を目指す広島と同率首位に立った(9日現在)。チーム打率・284、得点56はどちらもリーグトップ、心配された投手陣も、リーグ3位の防御率3・71。強力な打線が投手陣を援護する形が生まれている。

 ヤクルトは昨季、45勝96敗2分け、勝率・319の最下位という大惨敗。真中満(みつる)前監督は辞任の弁で「来季、私が指揮を執っても勝てる自信がない」とあまり聞いたこともない衝撃的なコメントを残した。ここ5年の成績を見ても6位、6位、1位、5位、6位と最下位が3度もある。今季の開幕前の順位予想ではほとんどの評論家がBクラスと評価していた。

 「RISING 再起」をスローガンに掲げて小川淳司監督(60)-宮本慎也ヘッドコーチ(47)の新体制で再建に乗り出したチームは何が変わったのか。投手陣では先発のハフ、抑えのカラシティーが加入。攻撃陣では青木宣親(のりちか)が米大リーグから7年ぶりに復帰したが、大補強といえるほどではない。チームの内面を大きく変えたのは、昨秋のキャンプから始めたある改革。それが「声出しの勧め」なのだ。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ