産経WEST

【動画】「唐古・鍵遺跡史跡公園」が完成 17日オープン 展示館や復元環濠、遊歩道など整備

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
「唐古・鍵遺跡史跡公園」が完成 17日オープン 展示館や復元環濠、遊歩道など整備

17日にオープンする「唐古・鍵遺跡史跡公園」=奈良県田原本町(本社ヘリから、沢野貴信撮影) 17日にオープンする「唐古・鍵遺跡史跡公園」=奈良県田原本町(本社ヘリから、沢野貴信撮影)

 国内最大級を誇る弥生時代の環濠(かんごう)集落跡「唐古(からこ)・鍵(かぎ)遺跡」(奈良県田原本町)の中心部に、唐古・鍵遺跡史跡公園(約10万平方メートル)が完成し、報道関係者に10日、公開された。17日午前9時にオープンする。

 遺跡全体の広さは約42万平方メートル。戦前から発掘調査が繰り返され、集落を囲む約2千年前の多重環濠のほか、大量の土器や木製品、大型建物跡などが出土している。平成11年に唐古池を含む中心部約10万平方メートルが史跡に指定され、町が21年度から整備を進めていた。

 公園には、大型建物跡の模型を展示したガイダンス施設「遺構展示情報館」▽復元環濠▽ケヤキやコナラで当時の植生を再現した「弥生の林」▽遊歩道-などが整備された。

 出土した絵画土器(紀元前1世紀ごろ)をベースに復元した遺跡のシンボル、楼閣(ろうかく=高さ12・5メートル)も全面改修。公園西側には道の駅「レスティ 唐古・鍵」も設けられた。道の駅は20日にオープンする。

 同町は「弥生時代を実体験できる公園。体験学習などに活用してほしい」としている。

「産経WEST」のランキング