PR

産経WEST 産経WEST

大韓航空機、関空で尻もち事故 着陸時、滑走路に機体底部接触、激しく損傷

Messenger

 国土交通省は10日、9日夜に韓国・済州島発の大韓航空733便ボーイング737が関西国際空港(大阪府)に着陸しようとした際、滑走路に機体底部を接触させたと発表した。乗客乗員計99人にけがはなかった。国交省は機体の損傷が激しいとして航空事故に認定。運輸安全委員会も10日、航空事故調査官3人を派遣し原因を調査すると発表した。

 国交省によると、大韓航空機は9日午後8時25分に済州島を離陸。約1時間10分後に関空に着陸しようとした際、滑走路に接触した。同機はその後着陸をやり直し、約15分後に同空港に到着した。

 機体の底部には約15センチ以上の長さにわたって削れた跡が、複数確認されているという。

▼【関連ニュース】日本航空が世界3位、韓国2航空100位「圏外」 時間通り出発・到着できぬ理由は

▼【関連ニュース】「関空を優先、終わった」と神戸市、二転三転した遺恨と国際線就航は

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ