産経WEST

JR瀬戸大橋線も30年 利用者は延べ約2億6千万人 岡山駅から記念列車出発

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


JR瀬戸大橋線も30年 利用者は延べ約2億6千万人 岡山駅から記念列車出発

「瀬戸大橋線開業30周年記念号」に出発の合図をする駅長ら=10日午前、JR岡山駅 「瀬戸大橋線開業30周年記念号」に出発の合図をする駅長ら=10日午前、JR岡山駅

 岡山、香川両県を道路と鉄道で結ぶ瀬戸大橋が開通30周年を迎えた10日、JR西日本とJR四国が岡山駅(岡山市)で記念式典を開き、約90人のツアー客を乗せた臨時列車「瀬戸大橋線開業30周年記念号」が松山駅に向けて出発した。

 瀬戸大橋線は岡山駅から高松駅(高松市)までの計71・8キロ。昭和63(1988)年に全線開業した。

 JR四国によると、利用者数は平成5(1993)年度の約1100万人をピークに、29年度は797万人。開業から延べ約2億6千万人が鉄道で瀬戸大橋を渡った。

 午後には、30周年の記念ヘッドマークを取り付けた快速マリンライナーが高松駅から運行開始。

▼【関連ニュース】当時の時刻表を読むと…レールが結ぶ「一本列島」完成、北斗星が登場…連絡船は終航

このニュースの写真

  • JR瀬戸大橋線も30年 利用者は延べ約2億6千万人 岡山駅から記念列車出発
  • JR瀬戸大橋線も30年 利用者は延べ約2億6千万人 岡山駅から記念列車出発

「産経WEST」のランキング