PR

産経WEST 産経WEST

【軍事ワールド】英国王立空軍100周年 ジェダイの騎士も空を飛び最新鋭戦闘機をリポート

4月1日、スピットファイア戦闘機に乗り込む96歳のアラン・スコット氏(AP)
Messenger

 日本では新年度の始まりでエープリルフールの話題も盛り上がった4月1日だが、英国では英王立空軍(RAF)創設100周年の記念日。各地でイベントが行われ、BBCが特別番組を放送するなど英マスコミ各社が大きく取り上げた。第二次大戦で祖国防衛の立役者となったRAFは「不屈のジョンブル魂」の象徴として、いまも国民の絶大な支持を得ている。(岡田敏彦)

  21世紀の“騎士”が飛ぶ

 英マスコミは4月1日を中心に、RAFの歴史を振り返る特集を多数掲載。BBC放送は3月下旬、映画「スター・ウォーズ」のエピソード1~3でジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービ役を演じたユアン・マクレガー氏を90分特番の主役に抜擢した。ユアン氏の兄コリン・マクレガー氏がRAFの元パイロットという経歴を持つことによる。特番では2人が進行役も兼ねてRAFの100年の歴史を映像とともに振り返った。

 英大衆紙サン(電子版)など現地メディアによると、コリン氏は2007年まで20年間努めたRAF現役時代に戦闘攻撃機トーネードGR4などを操縦していたといい、「家には小さいころからエアフィックス(英国のプラスチック模型メーカー)の飛行機模型がたくさんあった。父親が大の飛行機好きだったからね。子供のころには僕たち兄弟をエアショー(航空祭)に連れて行ってくれた」と、パイロットとしての“ルーツ”を説明。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ