PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】住民が消えた村、兵庫・新温泉町の無人集落…過疎化を象徴、時が止まった地区

今冬の大雪で集落全体が雪に覆われた(2月1日撮影)
Messenger

 過疎化と高齢化が進む兵庫県北部の新温泉町に、住民が消えた「無人集落」が出現した。山間にある桧尾(ひのきお)地区。4年前までは2世帯2人が生活していたが、高齢になり、相次いで亡くなった。行政上の地区名は残り、民家も幾つか残るが、無人の集落は時が止まったかのようだ。

明治期は100人規模の集落

 桧尾地区は町役場から東南約10キロの山間部にあり、合併前の旧温泉町史などによると、かつては林業や養蚕が盛んで、明治22年には16世帯計110人(男性56人、女性54人)が住んでいた。

 戦後の養蚕業の衰退や生活の不便さもあって、昭和50年代には集団移転で一部住民が別の地区に移り住んだ。平成26年までは2世帯(2人)が生活していたが、いずれも亡くなり、無人集落となった。

 29年版「新温泉町統計要覧」の「地区別世帯数、人口」(昨年10月1日現在)では、町全体115地区のうち桧尾地区だけが人口、世帯数とも「0」となっている。

但馬地方でも有数の豪雪地帯

 取材のため今年2月1日、その桧尾地区に車で向かった。この時、県北部は大雪。山間の一帯は但馬地方でも有数の豪雪地帯で、主要県道から同地区に通じる道路は除雪が行われていたものの、隣の大きな集落の熊谷地区から桧尾地区へは車1台の通行がやっとだった。

駐在が巡回パト「無人集落」…実は地区名そのまま、そして

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ