産経WEST

【カカオで世界を変える(2)】バイヤーと勘違いされ… 豆600キロ買い取る 吉野慶一「Dari K」代表

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【カカオで世界を変える(2)】
バイヤーと勘違いされ… 豆600キロ買い取る 吉野慶一「Dari K」代表

インドネシアのカカオ農家を飛び込みで訪問した吉野慶一さん。いきなり50万円分を買い取ることとなった(寺口純平撮影) インドネシアのカカオ農家を飛び込みで訪問した吉野慶一さん。いきなり50万円分を買い取ることとなった(寺口純平撮影)

 吉野 とりあえず少し怖かったので、発酵をしていい品質のものなら買い取ると伝えました。

 --納得してもらうことができた

 吉野 すると、近所の生産者にも声をかけたようです。麻布に入った60キログラムのカカオ豆10袋、計600キログラムを持ってきました。仕方がないのですべて買い取ることにしました。

 --その場でですか

 吉野 近くの町、といっても2時間くらいかかりますが、現金を引き出しに行きました。日本への送料も含めると50万円くらいかかりました。   =(3)に続く

     

 【プロフィル】吉野慶一(よしの・けいいち) 昭和56年生まれ、栃木県足利市出身。慶応大から京都大大学院、英オックスフォード大大院修了。平成23年にチョコレート製造販売店「Dari-K(ダリケー)」を創業。趣味はスイーツなどの食べ歩き、読書。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング