PR

産経WEST 産経WEST

理研がiPS創薬拠点 京都・精華の「けいはんな学研都市」、開所式に山中さんら

 「iPS細胞創薬基盤開発連携拠点」の開所式典に出席し、あいさつする京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長=9日午後、京都府精華町
Messenger

 理化学研究所は9日、京都府精華町の「けいはんな学研都市」(関西文化学術研究都市)で、さまざまな細胞に変化できる人工多能性幹細胞(iPS細胞)を活用した新薬開発のための施設「iPS細胞創薬基盤開発連携拠点」の開所式典を行った。松本紘理事長や京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長が出席し、完成を祝った。

 患者の細胞からiPS細胞を作製すると、患者の病気に特有の症状を体外で再現でき、薬の候補物質を加えて効果や安全性を確かめられる。こうした技術を企業や研究機関などに提供する。開設は今月1日付。

 式典で、松本理事長は「大学や企業と連携して新しい創薬事業に貢献できれば」とあいさつし、山中所長は「iPS細胞を使って一日も早くお薬を待っている患者や家族に朗報が届くことを祈願します」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ