産経WEST

【ビジネスの裏側】“高根の花”のイメージ払拭 手頃な価格のクルーズ船充実 日本人にも大人気

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
“高根の花”のイメージ払拭 手頃な価格のクルーズ船充実 日本人にも大人気

地中海のマルタ島に入港する「MSCスプレンディダ」。カジュアル船で乗客定員は3千人を超える(クラブツーリズム提供) 地中海のマルタ島に入港する「MSCスプレンディダ」。カジュアル船で乗客定員は3千人を超える(クラブツーリズム提供)

 訪日外国人客(インバウンド)の増加を追い風に、国内各地への寄港が増えているクルーズ船が、日本人の取り込みにも成功している。手ごろなプランが増え、船旅ならではの良さが浸透してきたためだ。1人あたり1泊1万円台というプランもあり、“高根の花”というイメージは変わってきている。(田村慶子)

 グレード3段階

 国土交通省によると、平成28年にクルーズ船で日本を訪れた外国人旅行者は前年比78・5%増の199万2千人と過去最高だった。25年の調査開始から11倍超に急増。政府は32年に500万人という目標を掲げているが、足並みをそろえるように増えているのが日本人の乗客だ。

 国交省の調査では、日本人のクルーズ人口は前年比12・4%増の24万8千人と過去最多を記録。26、27年はやや数を減らしたが、14年以降の10年間、10万人台半ばにとどまっていた乗客数が、24年から5年間は20万人台を維持している。

 需要を押し上げているのが「カジュアル船」だ。客船はグレードの高い方から「ラグジュアリー」「プレミアム」「カジュアル」の3クラスに分けられる。船が大きいほど豪華というわけではなく、乗組員1人あたりの乗船客数の少なさやドレスコードの厳しさなど、格式やサービスのきめ細かさで格付けされる。

続きを読む

このニュースの写真

  • “高根の花”のイメージ払拭 手頃な価格のクルーズ船充実 日本人にも大人気

「産経WEST」のランキング