PR

産経WEST 産経WEST

【名作映画を見てみよう!】トランプ政権あの女性も…下品さも帳消しの魅力 「メリーに首ったけ」(1998年)

『メリーに首ったけ <完全版>』 ブルーレイ発売中 1905円+税 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
Messenger

 トランプ米大統領が就任してもうすぐ1年4カ月。選挙期間中から数々のトンデモ発言がメディアをにぎわせ、就任後も側近や部下を続々、クビにするなど、連日、世界のメディアが振り回されています。

 そんななか、洋画好きの人々の間でひそかに注目を集めているのが、昨2017年4月、国務省の報道官に任命されたヘザー・ナウアート氏(48)です。

 米イリノイ州生まれで、FOXニュースの女性キャスターから華麗(かれい)に転身を遂げた彼女ですが、欧米メディアのニュース動画などで彼女の姿を見て、誰かに似ているなと思いました。

 そう。日本でも人気のハリウッド女優、キャメロン・ディアスです。恐らく、洋画好きの方の多くがそう思ったはずです。

 そのディアスといえば、「メリーに首ったけ」(監督・ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー、1998年)でのキュートな天然ちゃんのキャラクターが印象に残っているという人が多いでしょう。

 内気でさえない16歳の高校生テッド(ベン・スティラー)は、男子生徒の憧(あこが)れの的(まと)であるメリー(キャメロン・ディアス)とデートの約束を取り付けますが、恥ずかし過ぎる失敗でデートは中止に。彼女との仲もそれっきりになります。

 それから13年後。まだ彼女が忘れられないテッドは探偵のパット(マット・ディロン)を雇い、マイアミに住むメリーについての調査を依頼します。

 ところが何とパットがメリーに一目ぼれ。テッドとパットとの間で彼女の奪い合いが始まるのですが、彼女を狙っているのはこの2人だけではなく、話はさらにややこしくなっていくのです…。

 もともとファッションモデルだった彼女。ジム・キャリーの怪演で知られる「マスク」(チャールズ・ラッセル監督、1994年)でデビューし、本作で人気が大爆発します。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ