PR

産経WEST 産経WEST

瀬戸大橋30周年で記念式典「四国新幹線の実現を」

香川県坂出市の与島で開かれた、瀬戸大橋開通30周年の記念式典=8日
Messenger

 岡山、香川両県を結ぶ瀬戸大橋が10日で開通30周年を迎えるのを祝い、橋脚がある香川県坂出市の与島で8日、記念式典が開かれた。岡山県の伊原木(いばらぎ)隆太知事が「観光資源として、さらに大きな役割が期待できる」とあいさつした。

 式典は与島のパーキングエリアで催され、橋を管理する本州四国連絡高速道路(神戸市)の社員や県議ら約550人が参加した。香川県の浜田恵造知事もあいさつし、「橋は新幹線規格で整備されている。(本州と四国の)交流人口拡大のため、四国新幹線の実現が必要だ」と述べた。

 瀬戸大橋は昭和63年4月10日に開通。交流人口の拡大を促し、28年度の1日の平均通行台数は、過去最高の約2万2千台を記録した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ