PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】ロサリオ大噴火の予言! 3.4億円砲が覚醒の根拠、そして諸刃とは…

開幕7試合4勝3敗の金本阪神。期待のウィリン・ロサリオ内野手も打率・222、本塁打1本と波に乗れなかったが、春眠から覚醒する予兆が =東京ドーム(矢島康弘撮影)
Messenger

 あと少しでロサリオは大噴火!? 金本阪神は開幕7試合消化時点で4勝3敗。藤浪の不調で2試合、勝てる試合を落としましたが、全般的には及第点の滑り出しです。打撃陣ではウィリン・ロサリオ内野手(29)が打率・222、本塁打1本と波に乗れません。しかし、韓国ハンファ時代を知る球界関係者は「彼はもう少しで必ず打ち始める」。春眠から目覚めると予言したのです。春季キャンプを騒然とさせた打撃が復活なら打線の得点能力は向上します。ロサリオ覚醒の根拠とは何か-。そこにはもろ刃の剣の要素も含まれます。

■キャンプで見せてた理想的な打撃…春眠の解ける時期とは

 やはり戦力はあるな…というのが第一印象ですね。開幕7試合の時点で4勝3敗。貯金は1ですが、試合内容はもっと勝っていても不思議ではないですね。藤浪が投げた2試合は彼自身の自滅で敗れましたが、開幕第2戦の巨人戦は4点リードでした。勝てる試合を落とした印象が強いでしょう。巨人戦の3戦目も秋山が岡本に浴びた逆転本塁打は梅野が内角高めを要求するミスリード。ネット裏から批評を受けましたね。

 「藤浪以外の投手陣についてはほとんど計算通り。メッセンジャーも直球に球威がない、といわれていたが、蓋を開けると変化球を多く投げるモデルチェンジで相手打線を翻弄している。マテオやドリスを中心とするリリーフ陣も悪くはない。あと少し点を取れるようになれば、もっと投手陣は楽になるんだ」とは阪神OBの言葉。まさにその通りですね。

 打撃陣はここ5試合では3点を取るのがやっとの状態。僅差のゲームを投手陣が踏ん張って抑えていますが、いつまでも打線の得点能力が上がってこないと苦しいでしょう。先発の見切りが早くなり、リリーフ陣がフル回転を余儀なくされますね。登板過多の影響が梅雨時期以降にボディーブローのように効いてきますね。

「やや内角寄り…甘い変化球に…」だが「大丈夫。根拠はの打撃フォームに」…

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ