PR

産経WEST 産経WEST

【今週の注目記事】〝生首〟抱えたモデル、額に〝目玉〟も…大御所アルマーニも困惑、グッチ2018秋冬コレの衝撃

Messenger

 グッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレは、今コレクションについて、米国の学者、ダナ・ハラウェイの「サイボーグ宣言」からインスパイアされたと説明する。グロテスクな要素はあるが、コレクションピース自体はミケーレならではの鮮やかで華やかな世界が踏襲された。

 これまでのコレクションで多く見られた花や鳥、動物などのモチーフは最小限となり、代わりにビジュー(宝石)がふんだんにあしらわれたり、民族的エッセンスやスポーツテイストが取り入れられた。

自分とそっくりの「首」をかかかえて歩くモデル(ロイター)
自分とそっくりの「首」をかかかえて歩くモデル(ロイター)

▼【衝撃の写真ずらり】ぶっ飛び「首」「額に目玉」ファッション(こちらをクリック)

演出過多に「困惑した」という声も

 この奇抜な演出には異論を唱える人もいるようだ。ファッション専門紙WWDによると、伊の大御所デザイナー、ジョルジオ・アルマーニが、「グッチ」とそのデザイナーのミケーレの名前は出さなかったものの、「困惑した」とコメント。さらに、感動やエキサイティングは必要だが、「やり過ぎない程度に」と続けた。

グッチ演出過多の余波、インスタで“生首ルック”大流行

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ