PR

産経WEST 産経WEST

【誘客都市 ~IRが変える大阪~ 第1部(6)】橋下氏が目を付け、松井氏が決意した大阪の未来図 負の遺産・夢洲を「輝く場所」に

松井一郎氏、橋下徹氏、吉村洋文氏と大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)
Messenger

前のニュース

 「とにかく、すごい計画だ」

 シンガポールのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)視察で、開業目前のマリーナベイ・サンズの工事現場を見て帰国した大阪府知事(当時)の橋下徹氏は、興奮した様子で松井一郎氏(現府知事)にこう語った。平成22年1月のことだ。

 橋下氏を慰労しようと松井氏ら数人が集まった席で、IRの魅力を語る橋下氏は冗舌だった。この会話を機に、IRを誘致しようとの橋下氏と松井氏の思いが重なり、大阪の未来図が動き出した。

 当時は現在のような訪日外国人客もおらず、関西地域は活気を失っていた。しかも、放漫行政で大阪府と大阪市は11兆円超の借金を抱える状態だった。

 大阪湾臨海の夢洲(ゆめしま)、咲洲(さきしま)、舞洲(まいしま)。松井氏はこれらベイエリアの人工島を“負の遺産”と考えていた。

五輪招致に失敗

 バブル期の昭和63(1988)年に大阪市は3島を新都心として開発する「テクノポート大阪基本計画」を策定。公費約7千億円をつぎ込んだが、バブル崩壊で空き地ばかりが残り、打開策の五輪招致にも失敗したからだ。

 しかし、夢洲は梅田など都心部から10キロ余りと近く、170ヘクタールもの用地を使える。IRならば事業者が施設整備を負担し、さらなる民間投資を呼び込んで地域を開発できる。松井氏は「ベイエリアを有効な資産に作り替える」という強い決意を胸に秘めた。

産業・観光の拠点

 府知事としてIR誘致に本腰を入れ始めた松井氏は、平成24(2012)年7月にシンガポールのマリーナベイ・サンズを訪れた。目の前に広がる光景は、橋下氏から聞いたイメージをはるかに上回るものだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ