PR

産経WEST 産経WEST

息子閉じ込めた「おり」入り口に南京錠 自宅隣接のプレハブ内に設置 兵庫・三田

Messenger

 知的障害のある長男(42)を自宅敷地内のおりに閉じ込めたとして、兵庫県警が7日、監禁容疑で、父親で兵庫県三田市広沢、無職、山崎喜胤(よしたね)容疑者(73)を逮捕した事件。県警によると、おりの入り口には南京錠があり、中にペット用のトイレシートが敷かれていた。プレハブ内にはエアコンや暖房器具も備え付けられ、発見時の長男は下半身裸だったという。目立った外傷は確認されていないが、腰が曲がった状態という。

「食事や入浴は2日に1回」

 逮捕容疑は1月18日午前10時~19日午後10時ごろ、長男を自宅に隣接するプレハブ内の木製のおり(高さ約1メートル、幅約1・8メートル、奥行き約90センチ)に閉じ込めたとしている。山崎容疑者は「息子が暴れるから監禁していた」と容疑を認めている。

 三田市によると、1月16日に福祉関係者から「障害のある男性が行動を制限されている」と通報を受け、担当者が同18日におりに入っている長男を発見。県内の福祉施設に入所させた。

 山崎容疑者は市の聞き取りに対し「食事や入浴は2日に1回だった」と説明。また捜査関係者によると、山崎容疑者は「長男には障害があって暴れるようになり、16歳ごろからおりの中で生活させていた」とも話しているという。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ