PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】3億円詐欺で共犯に問われた住職と檀家総代が法廷バトル…「信じたのが間違い」VS「利用された」

事件の舞台となった松山市の黄檗宗の寺院「安城寺」
Messenger

 寺の住職と檀家(だんか)総代。二人三脚で数億円を集金したとされる男2人は、公判では手のひらを返すように真っ向から対立している。黄檗(おうばく)宗寺院「安城寺」(松山市)の土地・建物を担保に1億5千万円の融資を受けた不動産会社に損害を与えたなどとして、背任や詐欺罪などに問われた住職、片井徳久(57)と檀家総代の宇都宮貞史(42)両被告の裁判。2人はそれぞれ「宗教家であることを宇都宮被告に利用された」「住職(片井被告)を信じたのが間違いだった」と主張している。寺を舞台にした巨額詐欺事件の真相は何だったのか。審理は佳境を迎えている。

宗教団体次期教祖を名乗り集金?

 2人が起訴された主な罪は次の2つだ。

 《安城寺の建て替え資金名目で大阪市の不動産会社から寺の土地・建物を担保に1億5千万円の融資を受け、借入金を支払うことができなければ土地・建物の移転登記を同社が行うのに協力する任務を負っていたのに、平成26年、土地・建物は別の寺に寄付したと偽り、同社の所有権移転登記を妨害して損害を与えたとされる背任罪》

 《黄檗宗大本山「萬福寺」(京都府宇治市)で関連施設の建て替え計画などがあるとして、25年に石川県内の建築会社から3億円をだまし取ったとされる詐欺罪》

 関係者や公判証言などによると、片井被告は、日本仏教会や愛媛県仏教会などの要職についたこともある。一方、宇都宮被告も会社経営の傍ら歌手としても活動し、ラジオのレギュラー番組を持っていた。2人とも地元・松山では知られた存在だった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ