PR

産経WEST 産経WEST

救命女性に「土俵おりて」問題、相撲協会が対応策検討へ

Messenger

 京都府舞鶴市で4日に行われた大相撲春巡業の土俵上であいさつをしていた多々見良三市長(67)が倒れた際、救命処置を施した女性が土俵から下りるよう場内放送で促された問題で、日本相撲協会の春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)は5日、「(八角理事長=元横綱北勝海=が)コメントした通り、(協会は)不適切だったと認めている。今後そういうことも想定しながら対応策を取っていかないといけない」と語った。

 5日に巡業が実施された兵庫県姫路市で取材に応じた。大相撲の土俵は古くから「女人禁制」とされている。場内放送を担当した行司については「動揺していた。とにかく女性が(土俵に)上がっているというのが自分の中にあったみたいだが、もうちょっと対応できたかなと思うこともある」と話した。

 舞鶴市は5日、市長はくも膜下出血で、手術を受けたと明らかにした。命に別条ないという。容体は安定しているが、約1カ月の入院が必要という。市は6日から副市長を職務代理者とすることを決定。担当者は「救助していただいた方には感謝している」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ