産経WEST

コバノミツバツツジ見頃 西宮・廣田神社

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


コバノミツバツツジ見頃 西宮・廣田神社

見頃を迎えている廣田神社のコバノミツバツツジ=兵庫県西宮市大社町 見頃を迎えている廣田神社のコバノミツバツツジ=兵庫県西宮市大社町

 兵庫県西宮市大社町の廣田神社で、県の天然記念物に指定されている「コバノミツバツツジ群落」が見頃を迎え、家族連れらが淡紫色の花を見ながら散策を楽しんでいる。

 同神社の敷地約2万平方メートルに約2万株のコバノミツバツツジが群生。なかには樹齢約150年の木もあるといい、昭和44年に県の天然記念物に指定された。

 かつては同神社や周辺地区で約20万株が花を咲かせていたが、周囲に常緑樹が生い茂り日光が届かなくなるなど環境の変化から衰退していったという。そのため、同神社は市や周辺住民の協力を得ながら保全活動に取り組んでいる。

 今年は暖かい気候が続いたことから例年より早く開花したという。同市柳本町の小学3年、錦織優花さん(8)は「たくさん咲いててきれい。ぽかぽかして気持ちいい」と話した。

 見頃は来週末まで。

「産経WEST」のランキング