PR

産経WEST 産経WEST

【センバツ】大阪桐蔭、“代役1番”の宮崎が決勝打 

七回、勝ち越しの適時打を放った大阪桐蔭の宮崎仁斗選手=4日、甲子園球場(永田直也撮影)
Messenger

 選抜高校野球大会最終日は4日、甲子園球場で決勝が行われ、大阪桐蔭が智弁和歌山を5-2で下して、2年連続3度目の優勝を果たした。2連覇は史上3校目。

 大阪桐蔭春連覇への道は“代役”の1番打者が切り開いた。

 2-2の七回1死二塁で、宮崎が高めの変化球をたたくと、打球は相手遊撃手の頭を越えた。ヒットエンドランのサインでスタートしていた二塁走者が生還し、これが決勝点となった。

 チームが「武器」に掲げるエンドランを成功させ、「何が何でもバットに当てる思いだった。初めてチームの役に立つことができてうれしい」と胸を張った。

 今大会は、打順の入れ替えでチャンスが巡ってきた。プロも注目するリードオフマンの藤原が右膝痛で4番に座った影響で、西谷監督から「勢いが出たら止まらない」という積極性を評価され、それまでの2番から1番に抜擢(ばってき)された。

 責任と重圧を感じたが、藤原からは「振っていけば勢いが出る」とアドバイスを受け、「自分がだめになったらチームもだめになる、それぐらいの気持ちを持った」。全5試合で計7安打3打点。名門の先鋒(せんぽう)としての役割を十分に果たした。

 チームの次の目標は春夏の連覇。「今回以上の力が出せるように成長したい」と力を込めた。(吉原知也)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ