PR

産経WEST 産経WEST

【センバツ】根尾先発、エンドラン…大阪桐蔭、監督采配ずばり 「最強世代」春夏連覇へ

Messenger

 昨夏の甲子園は3回戦で逆転サヨナラ負けを喫し、新チームも秋の明治神宮大会で準決勝敗退。「残酷な負け」(西谷監督)を経験し、中川主将は「全てのことにおいて日本一を意識した」と振り返る。あいさつや掃除も「日本一の物差し」を当てはめることでチームは変わってきたという。

 大阪桐蔭にとって春連覇は通過点にすぎない。今夏の甲子園は第100回の記念大会。中川主将は「日本一というこだわりが今日の勝ちにつながった。100回目の節目に春夏連覇したい」。頂上に向けた挑戦は続く。(坂井朝彦)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ