産経WEST

無許可で民泊営み、カップル隠し撮り容疑 福岡の会社役員を書類送検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


無許可で民泊営み、カップル隠し撮り容疑 福岡の会社役員を書類送検

 無許可で民泊施設を営み宿泊者を盗撮したとして、福岡県警博多署は4日、旅館業法と軽犯罪法の違反容疑で、福岡市早良区の会社役員の男(48)を書類送検した。

 書類送検容疑は昨年6月27~28日、同市博多区に所有するマンションの一室で、市の許可を得ずに民泊を実施。室内に火災報知機型のビデオカメラを取り付け、宿泊した韓国人カップルの様子を隠し撮りしたとしている。

 博多署によると、報知機の動作に違和感を持ったカップルが、退室日に韓国総領事館へ通報した。会社役員は署の聴取に「防犯目的で設置した」と容疑を否認したが、のぞき見目的だったことを後に認めたという。平成28年8月から、この部屋で宿泊客を受け入れていたとみられる。

「産経WEST」のランキング