PR

産経WEST 産経WEST

【センバツ】智弁和歌山、重かった5失点 夏の打倒・大阪桐蔭へ、カギは投手力強化

【智弁和歌山-大阪桐蔭】七回、池田(左)からマウンドを引き継ぐ智弁和歌山のエース平田。夏へ向け巻き返しを誓った(甘利慈撮影)
Messenger

 選抜高校野球大会最終日は4日、甲子園球場で決勝が行われ、大阪桐蔭が智弁和歌山を5-2で下して、2年連続3度目の優勝を果たした。2連覇は史上3校目。

 大阪桐蔭は2-2で迎えた七回に、宮崎の適時打で1点を勝ち越し。八回に2点を追加した。根尾が2失点完投。

 打倒・大阪桐蔭を目指した智弁和歌山に、5失点が重くのしかかった。準々決勝、準決勝と大逆転劇を演じてきた強力打線だが、好投手の根尾を相手にゲームをひっくり返す力は残されていなかった。高嶋監督は「投手のレベルを上げないと、夏も勝てん」と危機感をあらわにした。

 この日、先発を託された池田は2年生。過去の公式戦でも最長7回しか投げた経験がない。前日の準決勝では1死も取れないまま4点を失って降板したが、再び巡ってきた先発のマウンドに「気持ちだけは切り替えて臨んだ」。冬に習得したフォークボールを武器に七回途中まで2失点と、なんとか踏ん張った。

 だが、2番手で登板したエース平田が勝ち越し打を許してしまう。準決勝で180球を投げきった疲れからか、球威、切れとも本来の出来からはほど遠かった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ