PR

産経WEST 産経WEST

【動画】最新鋭のB787―10型機、関空で初お披露目 座席数18%増337席に

シンガポール航空が関空路線で導入するボーイング787-10の内部。座席数は現行使用機より18%増える=4日(志儀駒貴撮影)
Messenger

 シンガポール航空日本支社は4日、関西国際空港で、ボーイングの最新鋭旅客機787-10型機を報道陣に公開した。5月3日から運用される。

 全長68・3メートルで、787型機では最長。座席数も同社の現在の使用機より18%増の337席で、このうち36席がビジネスクラスとなっている。

 利用客増が見込まれるとして、世界初就航を関空路線に選んだ同支社。「さらなる活性化につながっていければ」と自信を見せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ