PR

産経WEST 産経WEST

大人気「太陽の塔」内部公開、期間限定で開館4時間延長 5~8月の24日間、9日予約開始

内部公開が始まった太陽の塔で「地底の太陽」を見学する人たち=3月19日、大阪府吹田市(永田直也撮影)
Messenger

 大阪府は4日、内部公開を始めた万博記念公園(同府吹田市)の「太陽の塔」の開館時間を、5、6月と8月に公園で夜間イベントがある期間中の計24日間に限り、通常の午前10時~午後5時から、午前10時~午後9時へと4時間延長すると発表した。一部時間帯の予約制限も4月16日から解除する。「追加枠」は同9日からオフィシャルサイトで予約できる。

 延長対象期間は5月26日~6月10日、8月4日~14日で、うち公園定休日の水曜日を除く。予約制限を解除するのは午前11時~同11時半と、午後3時半~同4時。

 太陽の塔は昭和45(1970)年開催の日本万国博覧会(大阪万博)のシンボルで、3月19日に一般内部公開が始まった。30分ごとに80人ずつ見学するシステムで、先着順で4カ月先まで予約できる。見学料は高校生以上700円、小中学生300円。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ