PR

産経WEST 産経WEST

【滋賀・切断遺体遺棄】被害女性、血液型はB型、35歳~50歳前後か 胴体以外は見つからず

Messenger

 滋賀県守山市の河川敷に切断された女性の遺体の胴体部分が遺棄されていた事件で、滋賀県警守山署捜査本部は4日、身長が150センチ台~160センチ台と推定され、血液型はB型だと明らかにした。

 切断に複数の刃物が用いられたとみられることも捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は女性が35歳~50歳前後とみて、銀行やコンビニなどでチラシを配布し情報提供を呼び掛けているが、身元は依然不明。現場の河川敷周辺の捜索活動も実施したが、胴体部分以外は見つかっていない。

 捜査本部によると、遺体は3月10日、通行人から「動物の死骸が放置されている」と110番があり、14日に女性の遺体と分かった。所持品などはなく、地面に放置された状態で一部が白骨化しており、死後1~2週間が経過していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ