PR

産経WEST 産経WEST

【センバツ決勝 速報(5)】5回を終えて2-2 智弁和歌山、黒川のファインプレーでピンチ防ぐ

5回、内野ゴロの間に大阪桐蔭・青地斗舞が本塁を狙うもタッチアウト=甲子園球場(門井聡撮影)
Messenger

 大阪桐蔭と智弁和歌山の強豪対決は、決勝戦らしい手に汗握る試合展開になってきた。

 大阪桐蔭は五回裏、エラーを足がかりに1死二、三塁のチャンスを迎えたが、ここで4番藤原恭大の一塁への鋭い当たりを、智弁和歌山の一塁手黒川史陽が見事にミットにおさめ、一塁を踏んで、まずツーアウト。そのままホームに投げて、得点を防いだ。

 ピンチに黒川のファインプレーが出た。

 決勝戦は始まってから1時間がすぎて、5回が終わり、2-2の同点。大阪桐蔭の背番号「6」の根尾昂、智弁和歌山の背番号「18」の池田陽佑が先発し、マウンドを守っている。

 それぞれのエースはベンチで登板を待っており、大阪桐蔭の西谷監督、智弁和歌山の高嶋監督がいつ継投を決めるのかが試合のカギを握りそうだ。

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ