PR

産経WEST 産経WEST

安倍首相が14日に来阪 来年の統一地方選、参院選にらみ

3日、アラブ・ジャパン・デーのレセプションであいさつする安倍首相=東京都内(代表撮影)
Messenger

 自民党大阪府連が14日に開く臨時の党員大会に、安倍晋三首相(党総裁)をゲストとして招くことが3日、関係者への取材で分かった。政府が大阪への誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)などに向けた機運醸成のほか、来年の統一地方選や参院選に向けて士気を高める狙いがある。

 府連が、府内選出の国会議員を通じ、臨時の党員大会の案内状を発送した。

 首相の来阪は、府連所属の国会議員の求めに応じる形で実現。14日午後、大阪市内のホテルで登壇し、万博誘致や来年6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議に向けた機運醸成を図る。憲法改正にも意欲を示すとみられる。

 大阪は松井一郎府知事が代表を務める日本維新の会の本拠地。昨秋の衆院選などで自民の候補者と激戦を繰り広げる中、府連内部には、松井氏が首相や菅義偉(すが・よしひで)官房長官と面会し“蜜月”をアピールすることへの反発の声が上がっていた。

 府連関係者は、首相の来阪を「大阪の自民は党総裁と一体だというアピールになる」と歓迎。統一地方選や参院選に向け、「党員の心を一つにできる機会だ」と期待を寄せている。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ