PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】3つの山口組がひしめく大阪・ミナミ…商業好調でシノギ争奪戦懸念

恐喝事件の関係先として大阪府警が家宅捜索した兼一会の事務所=3月1日、大阪市中央区
Messenger

 指定暴力団神戸山口組から離脱した任侠(にんきょう)山口組が3月に指定暴力団となり、六代目山口組を交えた三つどもえの対立構造がいよいよ深刻化してきた。その“最前線”ともいえるのが、西日本最大級の繁華街・大阪ミナミだ。3団体の傘下組織などがモザイク状に乱立し、引き抜きなど組織の切り崩しが過熱している。任侠山口組系の幹部が白昼堂々と襲撃される事件も起き、大阪府警は抗争激化への警戒を強めている。

まさかの「絶縁処分」

 「複数の男が相手を取り囲んで暴行している」

 2月7日未明のこと。飲食店やスナック、風俗店などがひしめく大阪市中央区の島之内地区で、乱闘を目撃した通行人から110番があった。

 現場は神戸山口組傘下組織「兼一(かねいち)会」の組事務所付近。警察官が駆けつけたときには男らの姿はなかったが、現場には多数の血痕が残り、激しい暴行があったことをうかがわせた。

 府警の捜査で、同じ神戸山口組の関係者らが、兼一会の組事務所を訪ねた際に事件が起きたことが判明。襲撃したのは事務所内から出てきた5、6人の男らという。つまりは身内同士のトラブルだった。シノギ(資金獲得活動)をめぐる対立が、ふとした拍子に表面化したとみられる。

 暴力団に詳しい関係者によると、兼一会はミナミでシノギを展開し、数百人規模の構成員を誇る有力組織だ。その会長は、神戸山口組の井上邦雄組長(69)がトップを兼任する直系団体「山健組」内で、ナンバー3の立場にあったとされる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ