PR

産経WEST 産経WEST

【センバツ】東海大相模-智弁和歌山は壮絶な打ち合いに 腸炎患った東妻「やるしかない」

東海大相模戦の1回途中から登板した智弁和歌山の2番手平田=甲子園
Messenger

 強打のチーム同士の対戦となった準決勝の第1試合、東海大相模(神奈川)は野口、智弁和歌山は池田が先発した。両チームのバッテリーがいかに相手打線を封じるか、両チームの捕手が警戒すべきポイントを語った。

 智弁和歌山の東妻(あづま)は準々決勝の創成館(長崎)戦前に腸炎にかかって体調を崩しており、この日も朝に食事をとれなかった。それでも「昨日休めたので、やるしかない。大会に入って当たっていないが、3番の森下は警戒している。変化球を中心に直球を交えていき、試合の途中で配球を切り替えるなどしたい」と気を引き締めて試合に臨んだ。

 一方、東海大相模の佐藤は「智弁和歌山で特に気をつけなければいけないのは5番を打つ冨田。1年からチームの軸となってきた経験があり、勝負強い。冨田の前に走者を出さないことが大事」と話した。

 試合は一回から動いた。智弁和歌山は三者凡退で攻撃終了。その直後に東海大相模が猛攻で4点を奪った。智弁和歌山先発の池田は1死も取れないまま降板。2番手平田に交代。平田は落ち着いて後続を断った。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ