PR

産経WEST 産経WEST

前川氏講演内容確認、「思想統制につながる」 河村名古屋市長が文科省批判

前川喜平前文部科学事務次官
Messenger

 文部科学省が前川喜平前事務次官の授業内容の報告を名古屋市教育委員会に求めた問題で、市教委が理由説明を求めた質問状に同省が適正と回答したことについて、河村たかし市長は3日、報道陣に「納得できない。文科省が道徳的価値判断をするのは、思想統制につながる」と対応を批判した。

 林芳正文科相は3日の閣議後会見で「法令に基づき必要な調査をしており、市教委への謝罪が必要なものとは考えていない。質問状に誤解を招きかねない部分があり、今後は教育現場に対して丁寧な対応に努めていく」と述べた。

 文科省は2日、市教委への質問に対し、前川氏が同省の組織的天下り問題で処分を受けたとし、「適切な教育的配慮の下で行われたか確認する必要があった」と文書で答えた。

 前川氏が天下り問題で停職相当となった事実を、市立中の校長が調べずに講師に招いたとの指摘に、市長は「処分は知らなかったが天下り問題で辞めたことは知っていた。校長が何も調査していないかのような言い方」と不快感を口にした。 市長は今後の対応について、国会審議を踏まえ対応を検討するという。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ