PR

産経WEST 産経WEST

善財童子50体がお出迎え 奈良・法華寺で「ひな会式」

本尊の前に並べられた約50体の善財童子=奈良市
Messenger

 華やかな衣装を身にまとった約50体の善財童子(ぜんざいどうじ)を本尊の前に並べ、国家太平を願う法要「ひな会(え)式」が奈良市の法華寺で営まれている。7日まで。

 善財童子は、さまざまな立場の老若男女を訪ねて教えを請い、最後に普賢(ふげん)菩薩に出会って悟りを開いたとされる。ひな会式は、少なくとも鎌倉時代には行われていた記録が残っており、「ひな」は「小さい」を意味し、一説にはひな人形の起源ともいわれている。

 7日まで午後2時から法要が営まれ、本堂の十一面観音菩薩像(国宝)の前に並べられた高さ約30センチの愛らしい善財童子を見ることができる。

 参拝は午前9時~午後5時。共通拝観券は千円。問い合わせは同寺(電)0742・33・2261。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ