PR

産経WEST 産経WEST

【センバツ】大阪桐蔭「100パーセントで倒しにいくだけ」三重との準決勝に向けて順調な調整

準々決勝の花巻東戦の初回、先制の適時二塁打を放つ大阪桐蔭の中川主将(松永渉平撮影)
Messenger

 桜満開の大阪桐蔭グラウンドで、ナインはシートノックやフリー打撃で汗を流した。春の連覇へ残すは2勝だが、中川主将は三重戦を見据え、「(決勝に)生き残るために覚悟を持ってやりたい。100パーセントで倒しにいくだけ」と気合を入れた。

 遊撃手と投手の「二刀流」根尾は、野手練習の合間にブルペンへ。カーブを中心に投球フォームをチェックした。「いつ先発登板してもいい準備はしている」といい、登板した場合、左が並ぶ三重の1~4番を警戒する打者に挙げた。

 打線は好調を維持している。プロ注目の左の長距離砲、藤原は「大会が終わったら休めるくらいの思いで戦う」と力を出し惜しみするつもりはない。

 4年前の夏の甲子園決勝では三重を下したものの、接戦だった。相手側アルプスの大声援に圧倒されたといい、西谷監督は「(明日も)覚悟しています」。“絶対王者”に気の緩みはない。(坂井朝彦)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ