産経WEST

【動画】関西3空港一体運営始まる 神戸空港で記念セレモニー 関西エアポートの社長ら50人参加

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【動画】
関西3空港一体運営始まる 神戸空港で記念セレモニー 関西エアポートの社長ら50人参加

関西エアポートが神戸空港の運営開始 関西エアポートが神戸空港の運営を開始し、記念品を利用客に配る山谷佳之・関西エアポート社長=1日午前、神戸市中央区の神戸空港(彦野公太朗撮影) 関西エアポートが神戸空港の運営開始 関西エアポートが神戸空港の運営を開始し、記念品を利用客に配る山谷佳之・関西エアポート社長=1日午前、神戸市中央区の神戸空港(彦野公太朗撮影)

 1日に神戸空港が民営化されたことにより、関西国際空港、大阪(伊丹)空港と合わせた関西3空港の一体運営が始まった。

 神戸空港ターミナルビル(神戸市中央区)では同日、記念セレモニーが開かれ、3空港を運営する関西エアポートの山谷佳之社長が「関西経済の活性化に貢献できるよう邁進(まいしん)したい」と力を込めた。

 神戸空港は平成18年に開港し、神戸市が12年間にわたって運営してきた。関西エアは昨年9月、191億4千万円で42年間の運営権を得た。

 今後は発着枠の拡大など規制緩和がどこまで進むかがポイントになる。セレモニーで神戸市の久元喜造市長は「関西エアの経験を生かし、民間ならではのアイデアや発想で神戸空港の利活用が進むことを期待したい」と話した。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング