PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】12年かけて育てた桜、根元から切られる 心ない行為に怒りと悲しみの住民

伐採された桜の切り株。横には住民らが設置した怒りの立て看板が(トンガの鼻自然クラブ提供)
Messenger

 花見シーズンまっただ中だが、桜をめぐって悲しい出来事が和歌山市であった。紀伊水道に面する同市雑賀崎の雑賀崎緑地公園に12年前、地元ボランティアらが植樹した約40本の桜のうち、もっとも大きく成長した1本のオオシマザクラが何者かによって根元から切断され持ち去られているのが2月に見つかったのだ。「一体誰が何のために…」。丹精込めて桜を育ててきた住民らの間に怒りと悲しみが広がっている。

突然消えた桜

 「一番大きかった桜が切り株だけになっている」。2月5日、雑賀崎周辺の環境整備に取り組むボランティア団体「トンガの鼻自然クラブ」の中口重喜代表(76)は公園を訪れ、目を疑った。高さ約5~6メートルまで成長し、植樹した桜の中でもひと際大きかったオオシマザクラが、直径約20センチの切り株だけを残してなくなっていたのだ。切断面はのこぎりで切られたように平らで、周囲には切断の際に出たとみられるおがくずが散乱していた。

 トンガの鼻とは雑賀崎にある岬の呼び名で、「トンガ」という鍬(くわ)に由来するとの説もある。歴史的遺構もあり、同クラブが植樹も含め自然環境を守る活動を続けている。

 切られた桜は、地元の景観を少しでも良くしようと会員たちが植樹し、育ててきたうちの1本。毎年4月の上中旬には白い花を咲かせ、今年も間もなく開花の時期だった。

 昨年12月に中口代表らが別の桜を植樹しに訪れた際は無事だったという。何かの工事のために伐採されたのかとも思い、会員や公園の所有者の和歌山県にも確認したが、そうした事実はなかった。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ